太陽光発電への投資はごく少額からでも可能に

集合住宅住まいでも雪国の住人でも

太陽光発電の全量買取制度が始まって、戸建て住宅に住む人には太陽光発電システム導入という選択肢が身近なものとなりましたが、雪の降る地域の人や、集合住宅に住む人にとってはどこか遠い話です。でも、エコに協力したい、または、利益が見込めるなら参加したいという人には道はあります。太陽光発電ファンドに投資するか、太陽光発電会社から太陽光パネルを購入して、それをその会社に貸し出すという、大きく分けて2つの道です。

1万円から投資可能に

太陽光パネルを購入する方法だと、パネル1枚は7万円くらいしますので、その額が必要になります。それを太陽光発電会社に貸し出して、使用料を得ます。その会社が破綻した場合、パネルは戻ってきますので、損害がある程度は抑えられる可能性があります。投資ファンドに出資する方法だと、1万円から参加可能です。家庭用太陽光発電では10年間の買取保証になりますが、事業者だと20年間、全量買い取りが保証されますので、その点有利です。

リスクがとれる範囲で

20年間国の制度として、全量買い取りが保証されていることを前提に出資が募られていますが、国の制度がずっと続くとしても、それとファンドの信頼性は別問題です。また、発電した量は全量買い取られますが、発電量が見込み通りに推移するとも限りません。火山噴火で太陽光が届きにくくなるなど、そうした事態は気にしたらきりがありませんが、先に何が起こるかは誰にもわかりません。そうなった場合に、失ってもかまわない資金で投資することです。

日本の家の屋根は、切妻や寄棟など様々な種類がありますが、太陽光発電は設置の技術も進歩しており、ほとんどどんな形の屋根にでも設置可能となっています。