実は危険信号!?腰痛に隠された内蔵の病気

最近なんだか腰が痛い

運動不足やデスクワークなどで腰痛を患わっている方は多いでしょう。かくゆう私も運動不足が原因で長年腰痛に悩まされています。大抵の人は「痛い所に湿布を貼っておけばすぐに治るだろう」と軽く考えていませんか?もしくは整骨院やマッサージ店で治してもらおうと思っていませんか?実はその腰の痛みは内臓からのSOS信号かもしれません!たかが腰痛と思って侮ってはいけません!今回は腰痛と内臓の関係と、そこに隠された病気についてご紹介します。

内臓と腰痛は関係してる!?

実は腰痛の85%は原因がわかっていません。残りの15%は椎間板ヘルニアなどが原因とされています。ぎっくり腰を含めた原因不明の腰痛を「非特異的腰痛」と言います。つまり腰が痛いからといって腰に原因があるとは限らないのです!原因は内蔵にあるかもしれません。内臓と腰痛の関係としては、内蔵は体の中心内部にあります。そのため内蔵の大きさは胴体の内部の大きさで決まります。この内臓が病気などで肥大化することで腰痛になるのです。伴う病気としては胃潰瘍、十二指腸潰瘍、尿路結石などが挙げられます。いずれも大きな病気ですのでただの腰痛と軽視しない方が良いでしょう。

腰痛を軽く考えてはダメ!

上記した通り、腰痛は内蔵の病気と深く繋がっているのがわかっています。もちろんただ筋肉が痛んで起こる場合や、筋力の低下などで起こる腰痛もあるので全て内臓と関係しているわけではありません。その場合には湿布を貼っておけばいずれ治りますし、整骨院等で治療してもらえれば良いでしょう。ですが腰痛は内蔵の病気のシグナルであるということは忘れないでおいてください。もし心配な方は内科などで1度健康診断を受診することをおすすめ致します。

腰痛の名古屋の治療法を賢く選ぶためには、経験豊富な整形外科医や柔道整復師に相談をすることが大事です。